ひざ下脱毛 口コミ

MENU

剃ると毛が太くなるの?

ムダ毛の濃さで女性が悩む部位は、ワキ・Vラインが圧倒的ですが、実はひざ下も悩みの種になっている人が多いのです。脱毛サロンが増えて脱毛が安くなったとはいっても、例え一ヶ所の脱毛でも何回か通わないといけなくて、かかるお金もバカになりませんので、ひざ下脱毛は後回しになり、自己処理を重ねている人がほとんどです。カミソリで自己処理を続けていると毛が太くなる、という噂を聞いたことはありませんか?これは、剃り方によっては正解です。通常、毛は毛先に向かって細くなっています。カミソリやシェーバーで毛を剃ると、途中の太い部分をカットすることになるので、カットした後の毛先である断面が広くなり、その毛が伸びてきて太く見えるのです。実際に毛が濃くなったわけではありません。カミソリやシェーバーの使い方にもよりますが、強く肌を刺激するような剃り方をすると、毛は皮膚を守るために太くて濃い毛が生えてくると言われています。

日焼けしてても大丈夫?

最近は、ひざ上丈のミニスカートやショートパンツなど、ひざ下を露出するファッションが流行っています。脱毛サロンに通って、ひざ下脱毛をするなら、日焼けには注意しなければなりません。顔や首、腕、手には日焼け止めを塗っても、ひざ下には塗ってないのではないでしょうか。ひざ下というのは、意外に日焼けしています。光脱毛を扱っている脱毛サロンでは、日焼けは、程度にもよりますが、施術してもらえないことがあります。光脱毛から出る光は、黒い色に反応しますので、日焼けした肌に施術すると、肌にも反応してしまい、炎症を起こしてケロイド状になるなどのトラブルの原因になります。また、日焼けしてすぐの肌は、肌が軽く火傷をしている状態で、かなりデリケート状態です。こういった事情から日焼けした肌はレーザー脱毛や光脱毛では、施術してもらえないのです。日焼けした肌にも対応できる脱毛方法としては、ニードル脱毛やハイパースキン脱毛法があります。